太宰府へ

太宰府周辺にて。

あと 「1000分の 円周率秒」ほど待つべきであった。


欄干の風車模様は、太宰府ならではの「梅の意匠」だと思うよ。

[PR]
by ascesis | 2010-08-23 00:11 | ☆ 福岡県(福岡市外)
<< 今宿 曲淵 >>