カテゴリ:☆ ソフトウェア( 15 )

Dynamic-PHOTO HDR

新種の HDR ソフト発見。

Dynamic-PHOTO HDR (Media Chance 社)

操作画面はこんな感じ。

→ クリックで実際の画面サイズ

トライアル版を試してみて、感じたこと。

Pros
・ $39 と比較的安価。(日本からのオーダーは 4800円)
・ 明るさをブラケティングした複数の jpeg, tif を合成(他の HDR ソフトと同じ)
・ 動作が非常に高速。 Photomatix の倍以上の速度で反応する。快適。
・ 手持ちブラケティングで各画像の位置がずれても、容易に修正可能。快適。
・ ブラケティングの1枚だけに、余計なモノ(人・自動車など)が写ってもマスクで消去可能。便利。
・ 各種 Tone-mapping パラメータ変更後のプレビューが高速。
・ 合成像・微細輪郭におけるゴーストが少ない。
・ 1枚の RAW から、数枚現像した画像でも合成可能。

Cons
・ Windows 版のみ
・ stand-alone 版のみ(Photoshop Plug-in なし)
・ RAW にも対応と宣伝しているが、機種は限られている(らしい)
・ ヒストグラム表示がない。潰れ・飛びが確認できない。!!致命的大欠点!!
・ Exif が消去される。(合成するんだから、当たり前といえば当たり前だが)
・ (少なくとも日本では)無名の会社である。

このソフトを使った実例はここ

試用版は、保存画像に 販売会社のコピーライトが上書きされる。
誰か試してみない?
乞う、購入後報告。


ストックが尽きました・・・。

More
[PR]
by ascesis | 2007-09-03 22:24 | ☆ ソフトウェア

K10D thru RawShooter Essential

K10D の RAW ファイルは「3種の形式」がある。
1. 非圧縮 Pentax RAW (PEF)
2. 圧縮 Pentax RAW (PEF)
3. 非圧縮 Digital Negative (DNG)

「(いまは亡き) RawShooter では、いずれの形式も扱えない」
と言う人が多かったので、トライすることもなく放置していた。

ところが、
[PR]
by ascesis | 2007-01-05 00:23 | ☆ ソフトウェア

Adobe Lightroom

β3 for Win & Mac


さっそく、使ってみた。


エンジンは Adobe Camera Raw 3 と同等のようだ。
さすがに買収したばかりの、RawShooter は使われていない。
このままでは、K100D RAW ファイルは「未対応」となるが、いつものとおり、バイナリ書き換えで解決する。(後述)

スピードは Camera Raw と同じくらい、遅い。
イライラするほどではないが、RawShooter の速さに慣れた身にはちょっとつらい。
豊富すぎるパラメータは、すこしずつ覚えていこう。
未実装部分がいくつかある(らしい)が、RAW を画像管理、現像し、JPEG で保存 なら何も問題なく使える。
数時間触った範囲では、異常な振る舞いも、突然のハングアップもない。

今年中に「製品版」が出るのが楽しみだ。

More
[PR]
by ascesis | 2006-07-19 16:45 | ☆ ソフトウェア

Takeover

takeover
[名詞] (支配・管理権などの)奪取,接収,横取り;乗っ取り;引き継ぎ

Adobe が Pixmantec を呑みこんだ。
つい、昨日まで
"RawShooter Essential は永久に無料です"とか、
"RawShooter Professional はずっと、改良を続けます" とか謳っていたのに、残念。

RawShooter フォーラムでは、主催の Michael Tapes が、
「将来のバージョンに、Dynamic Range Increase 機能を組み込む」と言っていた。
これは、Sony α100 の 「Dレンジオプティマイザー」と同等のものを、現像時に実現するものではないかと、おおいに期待していたのだが・・・。

「今後は Adobe LightRoom に機能を統合する」という。
RawShooter は Windows 専用だったから、Windows版 LightRoom の発表も近いのかもしれぬ。

Adobe がきらいなわけではないけど、
いろいろな現像ソフトが群雄割拠して、進化するのが望ましいことだと思う。

c0017665_2237152.jpg

[PR]
by ascesis | 2006-06-27 22:41 | ☆ ソフトウェア

被写界深度

フリーソフト紹介。

「被写界深度表・作成機」はいかが?

フィルム時代のレンズには必ず「被写界深度表示」がありましたが、デジタル対応レンズでは受光素子のサイズ・密度により変化するためか、表示されなくなりました。

そこで、役に立ちそうなソフトが、
DOFMaster
DOF = Depth of Field = 被写界深度



サイズは 1.3M バイトと小さく、Windows 98 以降で実行可能です。

それぞれのカメラの錯乱円(Circle of Confusion) の大きさは、ここに。

実行画面は、こんな感じ。


中央の円板をマウスでグリグリと回転して、被写界深度を確認。


お好みで、周囲の距離表示部分の幅、距離範囲の変更。
内板に最大4本のレンズを表示することも可能。


設定すべきは、手持ちのレンズ焦点距離(換算値ではない!)と、自分のカメラの錯乱円サイズくらいです。ほとんどのデジタル一眼なら、0.030mm が推奨値。

「印刷して、厚紙に貼って使う」ことを考えて作られていますが、画面を操作するだけでも楽しいものですよ。


欠点は、
・ メニューもヘルプもすべて英語
・ 距離のデフォルトが「フィート」表示 (メートル表示に変更可能)
・ 絞り値最小が 2.8 未満に設定できないこと。(最大は F64 ;誰が使うんだ!)

More
[PR]
by ascesis | 2006-03-01 22:30 | ☆ ソフトウェア

現像ソフト比較

手持ちの汎用 (カメラメーカーに依存しない) RAW 現像ソフトが 5種に増えました。

1. Adobe Camera RAW (Adobe)
2. SilkyPix Developer Studio 2 (Silky)
3. RawShooter | Premium (RSP)
4. ACDSee Pro (ACD)
5. PhotoImpact 11 (PI)

現在 RSP しか使っておりませんが、
新種が出るたびに、「試してみたい病」が再燃します。

(今日が天気が悪く、撮影に出かける気力もないので、)
現像処理画面と寸評を列挙します。

More
[PR]
by ascesis | 2006-01-14 16:18 | ☆ ソフトウェア

ブログ写真の EXIF を見る

コスモス撮影に行ったつもりが、「昆虫撮影」となりました。
c0017665_1903732.jpg
*ist DS + Sigma MACRO 50mm F2.8 EX DG


EXIF を見る方法・再掲載
[PR]
by ascesis | 2005-10-10 18:51 | ☆ ソフトウェア

RawShooter

RawShooter という、「無料の RAW 現像ソフト」を使ってみました。

c0017665_2103546.jpg
c0017665_2101383.jpg
*ist DS + Pentax DA 16-45mm F4 ED AL


Silkypix より高速、しかも無料であるところがいいですよ。
「物好き」はお試しあれ。

どの RAW に対応しているのか、マニュアルにも、サイトにも記載がありません。
とりあえず PEF (Pentax RAW), DNG (Adobe RAW) はちゃんと現像してくれるので、私は困りません。Pentax に対応しているくらいだから、Canon, Nikon への対応は「当然」でしょう。
[PR]
by ascesis | 2005-08-09 21:02 | ☆ ソフトウェア

HDR by CS2

現在、ちょっとだけ凝っていることがあります。
今日はわざわざ、極端な明暗差があるところを探して歩きました。

この画像に違和感を感じますか?
どこが 「おかしい」 または 「不自然」 なのでしょう。
c0017665_21203617.jpg


元の写真は、
[PR]
by ascesis | 2005-07-16 21:41 | ☆ ソフトウェア

IEXIF 2.0

ブログ写真の Exif 情報を見るフリーソフトとして InsExif を紹介しました。
最近、新種を発見しましたので、ご報告。

OPANDA IEXIF 2.0

↓圧縮で詳細がつぶれています。オリジナルサイトをご覧ください。
c0017665_1813455.jpg


InsExif と異なり、画像のリロードを行いませんから、動作が機敏です。

長所
  • フリーソフト
  • 動作が機敏
  • 表示される情報量が豊富

欠点
  • ウェブサイトも、インストールも、動作も、表示がすべて英語
  • クリッカブル文字列を(うっかり)クリックすると、台湾?のとんでもないところに飛ばされる
  • 何とか、有料ソフトを買わせようと誘導する
  • ヒストグラム表示がない
  • OPANDA という会社名がダサい


Exif で参考にしたいのは、
絞り値、シャッター速度、補正値、レンズ長、カメラ機種、ホワイトバランス設定、撮影モード
くらいでしょうか?

それなら、わざわざ InsExif から乗り換える必要はないと思います。
しかし、動作の機敏さはメリットです。迷います。

Download サイト からダウンロードして、インストール。
Internet Explore を一度終了し、再度 IE を開始します。

画像の右クリックに "View Exif/GPS/IPTC with IExif" の項目が追加されます。
私は、両者をインストールし、現在使い比べております。


「ブログ写真に Exif を残すのは、リソースの無駄使いである。」
と厳しく諭されるエキスパートの存在も知っています。
私にとって Exif は、大いに参考になる資料です。
[PR]
by ascesis | 2005-06-30 17:46 | ☆ ソフトウェア