二人乗りヨット

「大寒波・大雪、平地でも積雪」の予報を信じて、昨夜12時から職場に泊まり込み、一面の雪景色を撮影するつもりでいましたが、雪は舞い散るものの積雪ゼロ。交通トラブルもなし、無駄な前準備でした。
積雪はなくとも、路面凍結によるスリップ事故をみると、朝の車での通勤には恐怖を感じます。チェーンは持っていないし、滑る道路での運転経験もありません。

今日もヨットの続きです。

「転落したら」と考えると、見ているだけでも凍えそうです。
c0017665_1032510.jpg




出走前、見事に等間隔に整列しています。
c0017665_10502817.jpg

整列後、いろいろな指示や話し合いがあったようで、なかなか出発しません。
10分以上待ったでしょうか、ファインダーを覗き続けていた私の指は寒さで固まりそうでした。
c0017665_10534752.jpg

「博多女子」の文字が見えました。おそらく高校ヨット部の練習と思います。
マストの最上部には、色とりどりのボールがついています。
c0017665_10544633.jpg


いずれも TAMRON 300mm (APS-C 450mm相当) + 逆光で撮影。全体的に白っぽく、精細さに欠けます。 JPEG 撮りではこれが限界なのでしょうか?

今日は「オチ」がありません。
ほとんどの船体は「白」ですが、一隻だけ、赤いヨットを見つけました。
c0017665_15595992.jpg

[PR]
by ascesis | 2005-02-01 11:06 | ☆ 写真
<< ヨットネタも終わり ヨットハーバーにて >>