マックにて

久しぶりに マック で遅いブランチ(午後2時に朝・昼食)
いつもなら、コンビニのサンドイッチかおにぎりが定番だが、今日は時間が遅かったせいかコンビニの棚は空っぽだった。

ちなみに、サルササンドは 470kcal(注文まで知らなかったが、テリヤキバーガー、ビッグマックに次ぐ第3位の高カロリー単品)、飲み物は爽健美茶だから ゼロ。2食分だから、まぁいいか。

なにげなく、トレイの上の紙をひっくり返してみると、
(被写界深度のテストではありません。)
*ist DS + Pentax DA 16-45mm F4 ED AL


おおっ~、品目ごとにカロリー・タンパク質・脂質・糖分・塩分 の表が書いてあるではないの。
「いいもの、見つけた!」
と思って、家族に伝えると、
『そんなものず~と前からあったよ、今頃気づいたの、何をいまさら』
と言われる。 知らぬは私ばかりなり・・・か。

まあそれは良い。1年に1,2回しか行かない店のことなんか知るわけねーだろ。

しかしだ、
各種バーガーの包装紙に 品目別「QRコード」「携帯サイトアドレス」「アクセス方法」が印刷されており、携帯でも食品成分が確認できるようになっている。

1枚目の写真でわかるように、その印刷部分はかなりの面積を占めている。
こんなものを印刷するくらいなら、
「カロリー ***cal, タンパク質 **.* g, 脂質 **.*g, 糖質 **.*g, 塩分 **.* g」
たった、70文字ではないか。直接印刷すれば済むことなのに、
QRコードの使用料まで払って、なんて面倒なことを。

と、またまた家族に話すと、
「ダイレクトにカロリーが分かると、追加注文をしなくなる。
 (想像したより)高カロリーであることが分かると次回は食べまいと思う。
 そしたら、マックの売り上げは確実に低下する。
 だから、直接目に触れてはいけない。
 マックは 情報を提供している というポーズさえ取っていればいい。
 カロリーなんか、(あなたみたいに)知りたい人だけが知れば良い。」
と言う。

なるほど、その通りなんだろう。

フロイトの言う「抑圧」の心理だな。
人は「うっかりしていて知らない」のではないのだ。
「知りたくないことは、なんとかして知るまいと精一杯の努力をして知らない状態を維持する」のだ。

マックは「知りたい人」の努力を応援するのではなく、
「知りたくない人」の努力を応援することを選んだ。しかも後者の方が多数派である。
カロリーを気にする人は、トレイの紙も決して裏返すまい。

おっと、話が超脱線してしまった。
今日は1枚目に映っている「14のガラス玉」に話を進めるつもりだった。
タイトルも「14」として書き始めたが、不適当だ。
「マクドナルドで、フロイトの正しさを再認識する」、略して「マックにて」に変更。

今週もネタが少ないから、明日(以降)、続きを書くことにしよう。
[PR]
by ascesis | 2006-07-09 22:00 | ☆ 福岡散歩
<< 14 濠 >>