交代

福博出会い橋。
冬はユリカモメ、夏はカラス。
欄干はいつも鳥が占領している。近づけば逃げていくが、欄干はいつも汚い。
*ist DS + Pentax DA 16-45mm F4 ED AL


*ist DS + Pentax DA Fish-Eye 10-17mm F3.5-4.5 ED (IF)




「人体 失敗の進化史」 遠藤秀紀、光文社新書 6/16 刊

あまり期待しないで読み始めたが、面白い。
「進化はいきありばったりであり、必要なものは近くの部品を借りているだけ。」
・ 現在の人間の生活は、「設計図」と大きくかけ離れている。
・ 「へその緒」を、哺乳類の象徴と思い込まされているのは、教育の誤り。
・ 女性の生理周期が 28日前後になったのは、つい最近のこと。

など、「比較生物学、比較解剖学」的立場から、楽しく解説される。
難解な学術用語をあえて避けず、しかも衒学的になっていないのは、筆者の文章力を感じさせる。
後半、「動物遺体学」の重要性を説く部分に、やや「りきみ」が感じられるが、「行動する科学者」、「真摯な学者」の姿が目に浮かぶ。

通読しても、日常生活にはほとんど役にたたないのだが、誰かに話してみたくなる。
痛快な本であった。
[PR]
by ascesis | 2006-06-21 23:37 | ☆ 福岡散歩
<< 輪 甲羅 >>