櫛田神社にて(オフ会 -5-)

タイトルに「オフ会」を入れていますが、メンバーの撮影シーンがないので、「オフ会の日に撮影した」程度の意味です。

1
大きい神社の境内には、本祭神とは別に複数の「別社」があります。
太宰府まで行かなくても、菅原道真に祈ることができます。ありがたや、ありがたや。
c0017665_20455435.jpg
本日分すべて Pentax FA 43mm F1.9 Limited


2
右奥で休んでいるのは、今回のオフ会参加メンバーのお一人でしたね。
その隣は外人さんだったように思います。
もっと絞るべきでした。
c0017665_20514653.jpg




いろいろな像が飾ってあります。
由緒とか名称とかは省略。

3
泉を守る鶴。
c0017665_20523082.jpg


4
中央区役所前の噴水と同じ姿だと思います。
c0017665_20534645.jpg



写真とは全く無関係ですが、台風が関東地方に接近・上陸しそうです。
去年は、次々に九州に上陸し、怖い思いをしました。

福岡の地方局・気象予報士が、いつも使う言葉

(もっとも近くなるという意味) 「27日午後、台風が最接近します。」

の「さいせっきん」という言葉が気になります。

接頭語である「最」は、次につづく”形容詞・副詞”を強める働きをするはずです。
たとえば、最大、最小、最近、最良、最悪・・・・

ところが、「接近」は形容詞でなく、動詞です。
動詞の前につく「さい」は、通常「再」で、いうまでもなく繰り返しを表します。
たとえば、再来、再会、再上陸、再公演・・・・

つまり、字幕なしで、アナウンサーの音だけを聴くと「さいせっきん」=「再接近」と無意識に判断し、2回目の接近なのかと思うのです。

注意して聞いていると、NHK ではこの言葉を使わないようです。

みなさんの地方放送局ではいかがでしょうか?
[PR]
by ascesis | 2005-08-25 21:03 | ☆ 福岡散歩
<< *ist Ds 用 珍パーツ ... くじゅう回想 >>