蓮の葉のお辞儀

小雨、ときどき大粒の雨が降るなか、蓮の花撮影に行きました。
天気が悪いため、見物人・通行人はほとんどゼロ、車の往来も少なく、静かな花見ができました。
じっと花をみていると、どこからともなく非周期的に「水がこぼれるような音」がします。

蓮の葉にたまった雨水の重さに、茎が耐えられず、お辞儀をするように水を流すのです。
そうとわかれば、その瞬間を撮らずにはいられません。

どの葉から水がこぼれるか、予知する方法はありません。
次はこれだ!と直感した葉に焦点を合わせました。
c0017665_20303930.jpg


なかなかお辞儀をしてくれません。すぐ隣の葉から水がこぼれます。
その隣も、右も、左も、次々に。

葉の選択を誤った。 別の葉に注目を変えよう。
そう思ったときです。
c0017665_18351419.jpg

待つこと3分、悔し涙は蓮のこぼれ水に変わりました。


花の中央にあるシャワーヘッドの形のものを「花床(かしょう)」と呼ぶそうです。
(「蓮須」と思っていましたが、間違いでした。「蓮須」は水中の根(レンコン)の別名でした。すいません。)
c0017665_18541217.jpg
c0017665_1992083.jpg
*ist DS + Sigma 55-200mm F4.0-5.6 DC


どうしても日の丸写真になってしまいます。
数日に分けてアップします。
[PR]
by ascesis | 2005-07-10 18:54 | ☆ 福岡散歩
<< 平和台球場 日本庭園 >>