油山

午後3時、自由の身となり、油山(標高 597m)へ。

私が持っている国土地理院 20万分の1の地図では、標高 569m と 30m も低い値が記載されています。この地図を基準として作られたと思われる、Alps 社の「プロアトラス電子地図」でも 569m と誤記されたままです。(7月の新バージョン SV でも訂正されていなかったら、Alps 社に報告しましょう。)
国土地理院 4万分の1,2万5千分の1地図は 597m です。「頂上の木に登れば 600m だ」と言われています。

三脚とマクロレンズを持ち、もくろみとしては、
・ マクロによる蝶など昆虫図
・ 渓流撮り
で、「しめしめ、ほんの数時間で数日分のブログ写真撮りだめができるぞ」と
”撮らぬ狸”じゃない、”取らぬ狸の皮算用”。

しかし、誤算でした。天気は夕方にかけて下り坂、蝶々が舞うこともできぬほどの強風。
通常の撮影すら困難でした。がっかり。

山道で、野生のイノシシと 鉢合わせ。
c0017665_23182168.jpg

レンズを交換する暇も、感度を上げる暇もなく、日の丸・手ブレですが、これは臨場感と思って、許して下さい。

不思議に恐怖感はありません。
突進して来られたら困るなあ、退路は1本しかないし、と思いながら、見つめておりましたら、彼(彼女?)の方から後退してくれました。



「ベンチのある風景」(昨日の余韻です)
手前は、かなり精密そうな日時計です。
c0017665_23225633.jpg


「うぐいす橋」
橋の下で渓流撮影を試みましたが、失敗しました。
c0017665_2325287.jpg
*ist DS + Pentax DA 16-45mm F4 ED AL


全部、「緑と茶色だけ」で、色彩に乏しく、とぼとぼと山を降りました。
[PR]
by ascesis | 2005-05-28 23:26 | ☆ 福岡散歩
<< 運動会日和 ベンチ >>