油山

わずかに 300m 程度の標高差だが、息も絶え絶えに登る。
徒歩で登るのとは、また別の感興がある。

脇山地区から油山の南斜面を望む。


「舗装路頂上まで足をつかないで登る」と心に決めて登り始めるが、途中2、3回の休憩が必要。


水車など、リング状のものを見つけると、車輪とともに組み合わせたくなる。


管理センタ



[PR]
by ascesis | 2010-08-09 19:25 | ☆ 福岡散歩
<< 油山 室見川 >>